市民アピール~放水はカッコつけ!?~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。
今回は市民へのアピールのお話。

消防士は公務員です。
なんだ、今更そんなこと言われなくても知ってるよ、
という人もたくさんいると思います。

でもこの「公務員」ってヤツは、
つまるところ市民の税金で飯を食っているわけです。
だから、自然と
 市民の声>消防士
になります。

“市民アピール~放水はカッコつけ!?~” の続きを読む

今日のアイテム「すばり」~これを使うときは…~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。
今回は「すばり」という恐怖のアイテムについてのお話。
そのアイテムの使い道をご紹介します。

またたび市にはそこそこ大きな川が流れています。
その川にかかっている橋、「つめとぎ橋」。
今回はこのつめとぎ橋から身投げした人のお話。

不景気、雇用問題、病気、etc…
ニュースではたくさんの暗い情報が流れています。
そんな昨今、自殺―いまは自死かな―があります。

そして、とある男性がつめとぎ橋から身投げしました。

“今日のアイテム「すばり」~これを使うときは…~” の続きを読む

火災で必要な体力とは~400メートル走的体力~

消防士の良くあるイメージの中に「力がある」とか「体力がある」とかがあると思います。
なぜ筋トレをするのか。
なぜ走っているのか。

それはモテたいから!
とか
暇だから!

では無いのです。
まぁそういう職員もいますが…。

実際どんな体力が必要なのか、経験談を踏まえてお話します。

“火災で必要な体力とは~400メートル走的体力~” の続きを読む

火災現場のその後~消火の後も仕事は続く~

「昨夜未明、またたび市の住宅地で火災があり、焼け跡からこの家に住む〇〇さんと見られる遺体が発見され…」
という火災のニュースをたまに見ると思います。

アナウンサーはさらっと言っていますが、
火災現場でご遺体を発見することも消防士の仕事の一つなのです。

火災は消火だけでなく焼け跡での作業もある。
今回はそんなお話。

ねこやなぎ消防士が経験した火災。
夜中の11時くらいに火災発生の指令がかかりました。
急いで消防車に乗り込み現場へ向かいます。

“火災現場のその後~消火の後も仕事は続く~” の続きを読む

水難訓練~訓練のはずが本物の救助になる!?~

またたび市を流れる二級河川。

消防職員は溺れた人も助けるって事で、
年に1回くらいこういう川で溺れた人を助ける訓練をします。

毎年5月か6月にやる訓練なのですが、
訓練日に上流で大雨が降ると川の水量が増えて危険なので、
その年は少し時期をズラして行ないました。

7月の中頃。
これから夏休みになり水遊びをする人が増えて水災害が増えてくる時期です。
それに備えて訓練します。

私、ねこやなぎが命じられたのは、
川の真ん中に浮かぶ中洲と呼ばれる島に取り残された釣り人という役。

“水難訓練~訓練のはずが本物の救助になる!?~” の続きを読む

消防士若手の仕事~2メートル超のアオダイショウ捕獲~

若手の仕事について。

世の中にはいろいろな仕事があります。
アパレル、飲食店、営業、そして消防士。
どんな業種業界でもみんな必ず経験する若手時代。

消防士の仕事は危険です。

火の中に入るし、ガソリンが漏れた交通事故とかにも出ます。
なので、そう簡単に最前線の仕事は任せてくれないのです。

でも、若手にも最前線の仕事を任せてくれる事案がある。

それは、蛇捕獲です。

“消防士若手の仕事~2メートル超のアオダイショウ捕獲~” の続きを読む