市民アピール~放水はカッコつけ!?~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。
今回は市民へのアピールのお話。

消防士は公務員です。
なんだ、今更そんなこと言われなくても知ってるよ、
という人もたくさんいると思います。

でもこの「公務員」ってヤツは、
つまるところ市民の税金で飯を食っているわけです。
だから、自然と
 市民の声>消防士
になります。

この市民の声というのが意外と届いていまして…
火災現場で
「なんで水出さないの?」
「なんで立ってるだけなの?」
「あ、水飲んで休んでる。火事なのに。」
という理由で消防署にクレーム…いえご指摘が来ます。

そこで我々は市民アピールをします。
火災では木造の古い建物と新しい鉄筋コンクリートでは放水の仕方が全く違います。

古い木造はそりゃよく燃えます。
なので隣り合ってる家に燃え移らないようにジャンジャン放水します。
一般的に、これが市民の方々がイメージしている火災現場でしょう。

では、鉄筋コンクリートの家はどうでしょうか?
消防がやることは人を助けること。

ここで家の中に放水しちゃうと家の中で発生した煙が家の中で混ぜられて、
家の住人が煙を吸ってしまうかもしれません。

あと、人がいなくても放水すると家財道具とかが濡れて余計な被害を出してしまいます。
そのため「放水せず煙を逃すだけ」とかがあります。

でも、事情を知らないと、思いますよね。
「早く水出せよ」と。

あと、マンションの火災です。
高いところで火事がありました。
梯子車で放水すればいいのに、とか助ければいいのにとかがよくあります。

でも…でもね、
梯子車ってかなり使い勝手が悪いんです。

上に電線があれば伸ばせないし、
放水しても水の勢いが弱かったり、

でも、火災現場にドーンとデカい梯子車があれば期待しますよね?
伸ばせよ、使えよ、と。

だからやります。アピールを。

とりあえず邪魔にならないところに放水する。
ええ、無駄です。

とりあえず梯子車伸ばします。
ええ、燃料めっちゃくいます。

でも、そうすると、
市民の方からの指摘もなく、市民が撮った写真がSNSに上がった時に
「いいね!」がたくさんついています。

これが市民アピール。
結果、無駄なことをしているけどスムーズな活動につながります。

放水してると野次馬も来ないし、
梯子車伸ばしてるとみんな写真とっていて
端っこで水分補給している人に気づかないし。

本来的には無駄かもしれないけど、市民アピール大事。

皆さんの勤め先ではどうでしょうか。
アピールしてますか?