精神疾患とテディベア①~病院搬送だけが救助じゃない~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。

出場指令が鳴ると、
指令書とよばれる紙がプリンターから出てきて、
そこには住宅地図と住所が記載されています。

それを隊長に渡して簡単に道順を言うのですが、
この日、とある指令書を隊長に渡した時、
一瞬で車両内の空気が変わったのです。

隊長「ついに来たか」
隊長「おい、犬飼隊員。コーポネコヒゲ202号室だ」
犬飼「隊長、ねこやなぎ隊員の出番ですね」
隊長「そうだな」

と、2人で話を完結してしまいました。

ん?来たか?俺の出番?

頭の中が?ハテナ?でいっぱいになりながら運転していました。
到着間際、隊長は静かに口を開きました。

隊長「いいか、ねこやなぎ。これから行く現場は長期戦になる」
隊長「そこで必ず守ってほしいルールがある。よく聞け」
ねこやなぎ「はい」

隊長はゆっくり説明してくれました。
ポイントは2つ。
「絶対に相手を否定するな」
「ちゃんと挨拶するんだぞ」

…は、はい。
まるでよくわからないまま返事をしました。

そして現場に着いた。

隊長「ねこやなぎ、君から中に入りなさい」
ねこやなぎ「わかりました隊長」

コーポネコヒゲ202号室の扉を開いた。

コンコン。

「ハイ」

「失礼します。またたび救急隊です」

「どうぞ」

玄関の前に、テディベアを抱えた老婆が笑顔で立っていた。

時刻は午前2時。
ねこやなぎ隊員の長い夜が始まるのであった。

続く
精神疾患とテディベア②~病院搬送だけが救助じゃない~


One Reply to “精神疾患とテディベア①~病院搬送だけが救助じゃない~”

コメントは受け付けていません。