精神疾患とテディベア①~病院搬送だけが救助じゃない~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。

出場指令が鳴ると、
指令書とよばれる紙がプリンターから出てきて、
そこには住宅地図と住所が記載されています。

それを隊長に渡して簡単に道順を言うのですが、
この日、とある指令書を隊長に渡した時、
一瞬で車両内の空気が変わったのです。

隊長「ついに来たか」
隊長「おい、犬飼隊員。コーポネコヒゲ202号室だ」
犬飼「隊長、ねこやなぎ隊員の出番ですね」
隊長「そうだな」

と、2人で話を完結してしまいました。

“精神疾患とテディベア①~病院搬送だけが救助じゃない~” の続きを読む

交通事故~言い訳と虚偽申告~

こんにちは。またたび消防士ブログのねこやなぎです。
今日は交通事故について。

夕方、黄昏時。
町が暗くなる時間帯に交通事故が多くなる傾向があるようです。

なんとなく、感覚的にも交通事故で呼ばれる時間帯はこの夕方が多い気がします。
交通事故と一言で言っても、
車と車の交通事故、
車と歩行者の交通事故、
車とバイクの交通事故、etc…。
と事故内容は様々です。

さらに、何キロで走っていてどこがどの様にぶつかったか。
車や自転車の破損状況など、総合的にみて病院選定をします。

“交通事故~言い訳と虚偽申告~” の続きを読む

火災現場のその後~消火の後も仕事は続く~

「昨夜未明、またたび市の住宅地で火災があり、焼け跡からこの家に住む〇〇さんと見られる遺体が発見され…」
という火災のニュースをたまに見ると思います。

アナウンサーはさらっと言っていますが、
火災現場でご遺体を発見することも消防士の仕事の一つなのです。

火災は消火だけでなく焼け跡での作業もある。
今回はそんなお話。

ねこやなぎ消防士が経験した火災。
夜中の11時くらいに火災発生の指令がかかりました。
急いで消防車に乗り込み現場へ向かいます。

“火災現場のその後~消火の後も仕事は続く~” の続きを読む

無線で読み解く現場の状況~救助の準備と心の準備~

無線の内容は本当に大事です。

消防の仕事は初動が重要と言われています。
無線の内容で現場をイメージしておくことで、最初の一歩目がスムーズに動くのです。

現場に何の道具を持っていくか、どういう準備をするか。
もし道具が足りなくて取りに戻るとそれだけ時間をロスします。

夏の暑い日、郵便受けに新聞が溜まっている、異臭もするということで通報が入りました。

さて、皆様はこの無線内容で何を想像しますか?
今回はそんなお話。

“無線で読み解く現場の状況~救助の準備と心の準備~” の続きを読む

犬飼隊員エピソード①~実はすごい人!?~

救急車が傷病者を病院へ送り届けた後、帰り道で自動車が事故を起こしている事があります。
つまり、通報で駆け付けた訳ではなく偶然にも交通事故現場に遭遇するのです。

これを発見したら無線で

「帰署途上に事故を現認。対応します。」

と報告し、怪我人の有無やガソリンの危険物流出の有無を調べ、
怪我人の適切な搬送、新たな災害発生を防止するのです。

さて今回は犬飼隊員のエピソード。

“犬飼隊員エピソード①~実はすごい人!?~” の続きを読む

いい夫婦の日~よくある喧嘩の風景~

11月22日はいい夫婦の日です。

救急車積載のカーナビは朝エンジンをかけると、
今日は〇〇の日です。と教えてくれます。
日本記念日協会なるものがあって、365日何かの記念日らしいですね。

いい夫婦とは一体何なのでしょうか。
喧嘩しないこと?
お金があること?
毎日幸せなこと?

何がいいかは人それぞれですが、
救急隊としてお手伝いできるのは、
皆様の健康を守るお手伝いをすることです。

よく子供が発熱し、痙攣を起こして救急車が呼ばれます。
迅速に病院を選び搬送することで、健康を守るお手伝いをするのですが、
子供を巡って救急車内で夫婦喧嘩が起こります。頻繁に。

“いい夫婦の日~よくある喧嘩の風景~” の続きを読む

水難訓練~訓練のはずが本物の救助になる!?~

またたび市を流れる二級河川。

消防職員は溺れた人も助けるって事で、
年に1回くらいこういう川で溺れた人を助ける訓練をします。

毎年5月か6月にやる訓練なのですが、
訓練日に上流で大雨が降ると川の水量が増えて危険なので、
その年は少し時期をズラして行ないました。

7月の中頃。
これから夏休みになり水遊びをする人が増えて水災害が増えてくる時期です。
それに備えて訓練します。

私、ねこやなぎが命じられたのは、
川の真ん中に浮かぶ中洲と呼ばれる島に取り残された釣り人という役。

“水難訓練~訓練のはずが本物の救助になる!?~” の続きを読む

AEDの盲点~風呂は命の洗濯~

まさか、AEDのパッドが貼れないとは…
という現場のお話。

日本各地で普及し始めたAED。
コンビニやスーパーにあるAEDは、
フタを開けてボタンを押すと自動で喋ってくれます。

あとは落ち着いてパッドを貼って、
音声通りに行動をするのです。

もちろん救急車にも積んでいます。
救急車の積んでいるAEDは心電図波形のモニターが付いていて、
救急隊員が電気ショックをするかしないかを判断できる「半自動」のAEDです。

そのため、
現場で心肺停止状態の人を見つけたら、まずはAEDのパットを貼って心電図の波形を見ます。
心臓が痙攣してるか、止まってるか、という判断をすることが出来るのです。

“AEDの盲点~風呂は命の洗濯~” の続きを読む

水道料金の行方~消防署は財政難~

はじめに、またたび市消防署は財政難です。
どれだけ財政難かというと、ねこを消防士として採用するくらい財政難なのです。

今日のお話はそれを踏まえて読んでいただけると幸いです。

さて、消防と水は切っても切れない縁です。
火は水で消えます。
なので、消火活動では水を使うのです。

燃える物には「発火点」というものがあり、
発火点の温度を越えると物は燃え、燃えているものが発火点を下回ると火が消えるのです。
これは、水が水蒸気になるにあたって熱を奪うからなのですが、
水1グラムあたり539キロカロリーを○#$%&×△…

“水道料金の行方~消防署は財政難~” の続きを読む

天才と〇〇は紙一重?~消防士のお絵かき事情~

消防士は日々訓練しています。

高いところでの作業したり、
重いものを持って走ったり、
暗く狭いところで活動したり、
辛く厳しい訓練の数々です。

怪我には気をつけているのですが、

どうしても怪我や事故をゼロにする事はできません。

怪我や事故が起こると、
どんなに小さくても報告書を書かなければなりません。

その報告書、
文章と事故が起きた瞬間の写真や絵を添付して
偉い人に報告するのですが…
この絵が厄介で絵が下手くそな人は苦労します。

“天才と〇〇は紙一重?~消防士のお絵かき事情~” の続きを読む