消防士若手の仕事~2メートル超のアオダイショウ捕獲~

若手の仕事について。

世の中にはいろいろな仕事があります。
アパレル、飲食店、営業、そして消防士。
どんな業種業界でもみんな必ず経験する若手時代。

消防士の仕事は危険です。

火の中に入るし、ガソリンが漏れた交通事故とかにも出ます。
なので、そう簡単に最前線の仕事は任せてくれないのです。

でも、若手にも最前線の仕事を任せてくれる事案がある。

それは、蛇捕獲です。

子供がいる家の庭に蛇が出た。
高齢者の家の中に蛇が出た。

その蛇を捕獲するのが新人の仕事。
防火衣をしっかり着装し、網を持ち、最前線に向かう。
私はも4、5回は経験しています。

一番デカかったのは2メートル以上のアオダイショウでした。
おばあさんの家のちゃぶ台下にいて、座布団から尻尾が見えている。

そっと座布団をはいでみると。

まあデカい。

自慢じゃ無いけど、子供の頃に何度か蛇を捕まえて持って帰ったことがあります。
だけど今まで見た以上にデカい。過去最大級。
しかし、怯むと後で先輩に冷やかされる。
カッコ悪いところを市民に見せるわけにはいかない。

いざ、捕獲。

むんずっと。

頭を掴むとグルグルっと腕に絡まり、

ギューっと締まる。

ここで離すと咬まれる。

そのまま外に出て、

麻袋へ、そっと入れる。

薄暗い麻袋の中で落ち着いた瞬間に、ばっと手を離す。

これで無事仕事完了だ。
蛇は消防署裏の山に離してあげる。

人命救助以外にもいろいろやっています。

これも消防士の若手の仕事。何事も経験なのです。


One Reply to “消防士若手の仕事~2メートル超のアオダイショウ捕獲~”

コメントは受け付けていません。