AEDの盲点~風呂は命の洗濯~

まさか、AEDのパッドが貼れないとは…
という現場のお話。

日本各地で普及し始めたAED。
コンビニやスーパーにあるAEDは、
フタを開けてボタンを押すと自動で喋ってくれます。

あとは落ち着いてパッドを貼って、
音声通りに行動をするのです。

もちろん救急車にも積んでいます。
救急車の積んでいるAEDは心電図波形のモニターが付いていて、
救急隊員が電気ショックをするかしないかを判断できる「半自動」のAEDです。

そのため、
現場で心肺停止状態の人を見つけたら、まずはAEDのパットを貼って心電図の波形を見ます。
心臓が痙攣してるか、止まってるか、という判断をすることが出来るのです。

“AEDの盲点~風呂は命の洗濯~” の続きを読む